アトピー解消はスキンケアから│保湿で強い肌になる

微笑む女性

使わないことが良い場合

肌ケア商品

皮膚への刺激

アトピーや敏感肌の人は化粧水を使うかどうか迷ってしまいます。身体の免疫反応が強く、普通の人であれば異物ととらえないものを異物ととらえてしまうのが刺激に弱い肌のことです。肌にはバリア機能があります。外部からの様々な刺激をシャットアウトし肌を保護するのがバリア機能ですが、このバリア機能がアトピーの場合には弱くなっているのです。そのためアレルギーの元であるアレルゲンも侵入しやすく、そして汗でも刺激物になってしまいます。もちろん化粧水も例外ではなくアトピーの皮膚にとっては刺激物になります。そのためかゆくなったりひりひり傷んだりするのです。無意識に肌に触れる機会も同時に多くなることでそれがまた刺激になっていくのです。

間違った解釈

アトピーの皮膚には化粧水が必要ないのです。バリア機能は肌の水分を外部に出ないようにする役目も持っています。しかしバリア機能の弱いアトピーの場合は、水分が蒸発しやすく乾燥肌なのです。化粧水の間違った解釈の一つに水分補給するというのがあります。化粧水はバリア機能にはじかれるため水分補給することはできません。油分のせいで潤いが増したように錯覚しますが、水分補給はされていないのです。そのためアトピー肌の場合も同じで水分補給することはできません。できる限り刺激の強いものは使わないのが一番なのです。もちろん普段健康な人も同様で化粧水は健康な時に使用することは問題ありませんが、肌の状態が体調不良などにより悪くなった際には、使用しないほうが良いのです。

Copyright© 2015 アトピー解消はスキンケアから│保湿で強い肌になるAll Rights Reserved.